カブちゃん不在の「カブちゃん馬路村キャンプ」
2012年9月8日〜9日

毎年カブちゃんが主催して9月にキャンプをしてましたが
今年はカブちゃんが術後静養中の為、徳島組が段取りをして開催しました。



出発前におかんに写してもらいます。
雨が降りだし合羽を着てのスタートになりました。


徳島組集合場所の道の駅「貞光ゆうゆう館」には良さんが先に待っていて
その後大岡さん、松下さんも合羽姿で参上です。
でも雨は此処まででした。


次の集合場所、酷道193号入口の山川町ローソンで
大阪からのshouhoさん、広島からのnojyukuさんとも無事に合流し
山の中で食べる昼食のお弁当を購入。

もう雨は止んでますが合羽は着たままで走ります。


何時もの土須峠、トンネル入り口で休憩


良さんが松下さんのパトライトを羨ましそうに撫でてます。
おとんも「ええなぁ〜」と思うけどクルクル回して走る勇気は有りません・・・


毎度の「大釜の滝」
このルートを始めて走る方の為に止まります。

 
素掘りのトンネルは雰囲気ええね!


で、次は「大轟の滝」
毎回同じパターンです。


お馴染みの滝です。


都会人が驚いています。
田舎者には普通なんやけど・・・


「あんな所を走って来たんや!」と
都会人に喜んで頂きました。
田舎者は別に騒ぎもしません!

写真撮影する大阪人!


景色も楽しむけどバイク談義も忘れませんよ!


R193は一応国道ですから2車線も有ります。
が、直ぐに酷道に・・・

これぞおとんの大好きな四国の酷道です。
松下さんはタイヤを大きく滑らしコケそうになった為
ペースを極端に落として走っています。


苔が生えた路面が雨に濡れた上に落ち葉や落石まで有り
まぁ〜ようタイヤが滑りましたなぁ〜


酷道193号の難所を無事通過し霧越峠でお弁当タイム

「滑った!滑った!!」
とか

「帰りもこの道ならわしは別の道を帰る!」
とか

皆様に大変喜んで頂きおとんも鼻高々・・・


実は此処でnojyukuさんが買って来たコンビニ弁当に
「おかずが入っていない」と怒り心頭?大暴れ?する様子を
動画に撮影してたのですが動画挿入が上手く出来なくて諦めます。
お弁当はバイクの振動でおかずが移動しただけなのですが・・・
nojyukuさんにはポプラの大盛り弁当以外は気に入らないようですな!
この動画は「お宝映像」としておとんの心の中に・・・
お見せしたかったけど残念です。




山奥から海沿いに出てきました。
道の駅「宍喰温泉」で休憩


でも、またまた山の中へ・・・



 
魚梁瀬(やなせ)ダム
石を積み重ねたロックフィルダム
魚梁瀬森林鉄道が走ってた頃の賑やかな村の風景が掲示されています。



魚梁瀬(やなせ)森林公園オートキャンプ場到着
6名でサイト使用料 5500円
BBQコンロのレンタル料 500円  炭3kg500円
サイトは貸し切りです。

テント設営が終われば温泉と食料買い出しにGO!


毎度の魚梁瀬森林保養センター
入浴料400円
此処も貸し切り状態


余り見たくないおっさん達の裸!

この笑顔はええお湯の証しです。

ツルツル滑る酷道走行の緊張も和らぎますな!


 
風呂上りに「ごっくん馬路村」と「柚アイス」
ご馳走になりました。

この後、村の農協スーパーで買い物したのですが
品数が少なく、またお店の冷凍庫が故障中で肉類も余り有りませんでした。

おとんも朝食にホットサンドを作ろうかとホットサンドメーカーを積んできましたが
食パンも置いていません!
nojyukuさん曰く「此処の村人は食パンなど食わんのや!」と・・・

何も無い村のお店ですが、これが幸いかな?
何時もは食材が余る程買い過ぎてたので・・・


paridakaさんは泊らずに夜中に帰る予定なので先に記念撮影しときます。


夕食作り
みんなでワイワイ作るのが楽しいですね。


前回の「天橋立・伊根の舟屋キャンプツー」と同じメニュー!
もうこのパターンが徳島組の定番になっております。

良さんが半田ソーメンを茹でて
おとんが卵を焼き
shouhoさんが刻みます。

 
村の農協スーパーで買った売れ残り?の塩サバを焼くのはparidakaさんが担当


shouhoさん、色々とやって頂きすみませんねぇ〜

 
ワイワイ、キャッキャ!と
作ったり、食べたり、飲んだり
楽しい宴会です。


nojyukuさんがご飯を炊きshouhoさんが焼きおにぎりに
旨いです。


飲んで、食って、喋って

ツルツル滑る酷道で何度もコケそうになったお話やら

松下さんの2週間に及ぶ北海道キャンプツーの土産話

10月に「カブちゃん退院おめでとうキャンプ」の
段取りをおとんがしろとの良さんの命令やら

paridakaさんの「11月に仙人風呂キャンプツーの企画をして」と
nokyukuさんにおねだりしたお話などで多いに盛り上がりました。


そして楽しく夜が更けて行き
paridakaさんが帰って行く時間に・・・

shouhoさんがparidakaさんのテネレに跨り
つま先ツンツンに
「乗れんわ!」と


良さんは両足踵までべったりで自慢顔に・・・
羨ましい限りですな!


此処がどうのこうの、あそかが何やかにや
paridakaさんの出発を邪魔します。

泊って行く事を勧めますが
翌朝に用事が有るので「帰る」と


これから下道を約200km・・・
ほんまにタフな方です。

お土産ありがとうございました。

次回も遊びましょうね!



チュン チュン 



気持ちの良い朝!

良く寝ました。


バイクは屋根の下に突っ込み夜露に濡れなく助かります。
他に利用者が無く貸し切り状態のメリットですね。


うんじゃまぁ〜
朝飯作りますか!


高齢者の集団なので肉だけが残り
その残り物の肉を焼きます。


名物 焙り焼き肉?


おとんは正体不明の汁物を作りました。
まぁ〜みんなが文句を言わずに飲んだので・・・

良しとしましょう。


ええキャンプ場です。

清々しい





楽しかったね!

来年も集まりましょう。

 
この汚れが酷道走破の証し?



道の駅「やす」
進行方向に真っ黒な雨雲が見えて来て降っていないけど
事前雨宿り?します。


来た方向は青空も見えるのに

進行方向は真っ黒な雲
こりゃ相当降ってるな!

 
まぁ急ぐ旅で無いのでまったりします。

 
ヨットや手結港の可動橋を眺め
また馬鹿話なども・・・

この後、野市の「四国自動車博物館」に寄りますが
shouhoさんはそのまま高速に乗り大阪に帰るとの事で雨雲の中に突入して行きました。
shouhoさん、また遊びましょうね!



そんじゃまぁ〜見学しますか!
入館料 大人800円也

おっさんが「男の子」に戻る時・・・












一昨年、北陸ツーの時に行った「日本自動車博物館」とは
「四国」と「日本」の名前の違いと同じでスケールもそれなりですが
此処の凄い所は展示されてる車両が皆、動く事です。
実働するコンディションを保つって素晴らしいです。







館内は鏡張りなので広く多くの車両が有る様に見える演出です。


やっぱスポーツカーは赤やね!


で、スーパーカブも赤です。

スケールは小さいけど楽しめました。


出発するにも外は見事大雨
自動車博物館から出られません!


館内で小降りになるのを待って・・・

覚悟を決め、合羽を着て出発しましたが
実際に降られたのは15分間程度でした。

 
大豊のひばり食堂で昼食
おとんは「オムライス」500円を初めて注文
半熟玉子焼きが美味しそうですがケチャップライスは普通で何の感動も無し!
量は多いですがまぁ一度食べれば良いかな・・・

nojyukuさんがカツ丼の大盛りを注文するか悩んでいましたが
普通にしてました。大盛り食らう所見たかったなぁ〜

此処で松下さんと別れます。
松下さんお疲れさまでした。
もうツルツル酷道は懲りた様なので
今度は銀翼600で快走出来るルートを選ぶのでまた走りましょう。


nojyukuさんはゼファーのガス欠を心配してましたが無事給油を済まし
ひばりのカツ丼パワーで善通寺ICから一気に広島に帰って行きました。

大岡さん、良さんとも順次別れて帰宅

今回参加の皆さまお疲れさまでした。
また来月も遊びましょうね!


15時前に無事センスタアップ
陽が射していて高知の雨が嘘のようです。


早く帰宅し天気も良いので夜露で濡れたキャンプ用品を干し
来月の「カブちゃん退院おめでとうキャンプ」に備えます。

走行距離387km

戻る