鳥取砂丘・余部鉄橋・丹後半島・天橋立キャンプツーリング
06.10.28〜29
 去年から良ちゃんと余部鉄橋が撤去される前に見に行こうと約束していたツーリングがやっと実現しました。私は一足先に去年おかんとタンデムで見学を済ましていて今回のルートも前回と同じにして帰りのルートは行ってから相談する事にしました。今回はおかんはお留守番!シングルです。(前回のツーレポ「おかんとタンデムで但馬海岸・丹後半島岬めぐり」です。)
 前回は朝5時30分に出発しましたが今回はタンデムで無いし相棒が飛ばし屋なので1時間遅く出発してもすぐに取り返せるだろうとの甘い考えで6時30分出発!(結局全然前回のペースに追いつきませんでした)
 今回も高松〜宇野間のフェリーを利用。2週連続フェリーツーリングになりました。料金はPCで印刷した割引券を利用して1290円也。瀬戸大橋利用より断然安いです!!
 この航路は小島や漁船のすぐ傍を通過するので景色を楽しめ1時間ほどの休憩にもなるので好きです。宇野に上陸してからは岡山市内経由R53で津山に向かいますがまったく面白くないコース。混雑もしてるし。
 前回と同じ道の駅「くめなん」で初回休憩。混雑していて中々ペースが上がりません。
 津山を通過し鳥取砂丘を目指しますが智頭町でもうお昼になってしまい「おべんとう屋」で昼食です。 久しぶりに「牛丼」を注文、いつも主食はきゅうりに菜っ葉、豆腐、納豆の貧しい食生活のおとんにとって牛肉なんて何ヶ月ぶりの事やら!(帰ってこの話をおかんにすると「この前食べさせてあげたでぇ」「えっ何時?覚えない!」「この前のおでん」「それってスジ肉?」「そぉ〜高級和牛スジ肉って書いてた!」・・・・・・それって違うような気がする。

鳥取砂丘。冬用ジャケットが暑い!

馬車の迫力に感激
海岸沿いの美しいクネクネ道を気持ち良く走っていて又失敗。国道に出る時の一時停止で立ちゴケです。いつもカメラバックを方からぶら下げ走行中は重い為バックを膝の上に乗せてますが前に身を乗り出した時に緩んだ肩ベルトがハンドルに引っかかりコケてしまいました。
 大岡さんウインカーレンズ・メッキマフラーカバー各1枚御注文で〜す。
 その後はカメラバックはトップボックスに収納して走行しましたが結構不便。カメラを取り出すのが面倒です。
 毎度の美しい海岸や漁港風景。立ちゴケで落ち込んだ気持ちを癒してくれます?
余部鉄橋は観光バスが何台も停車してました。この鉄橋も見納めなのか?
道の駅「てんきてんき丹後」です。
もう夕暮れが近づいています。
とても伊根の舟屋までも行けそうに有りません。
この付近でキャンプする事にしました。
前回、タンデムで宝塚まで走ったのが信じられません。良く走ったものです。
 見つけたキャンプ場。シンプルな設備ですが目の前は美しい海岸が広がります。

平(へい)キャンプ場
(使用料・海岸美化協力金1名500円)


本日の走行391km
 が、すぐ後ろは墓地です。真っ暗なシーズンオフの寂しいキャンプ場、絶対に一人では泊まれません!(写真は翌朝明るくなって撮影)
 辺ぴな場所なので近くにまともな商店が有りません。何とか食料と少々のビールを調達してささやかな夕食を食べ、男二人、積もる話はまったく無く20時には就寝です。

夜、おかんに定時連絡。お昼の立ちゴケの報告「まぁ形有る物は何時かは壊れるもんよ」と言うと「壊しすぎ!だいたいお父さんも○○○(息子の名前)もヘタクソ!!バイクに向いてないわ。」・・・自分でも良く分かってます。傷ついたバイクで心に付いた傷に塩を塗り込む様なお言葉ですな。 わたしゃバイクに跨ったままバックできる長〜いお足が欲しい!! 
 29日。今日も天気が良さそう。簡単に食事を済まし撤収、岬めぐりの再開です。キャンプツーリングの良さは目的地のど真ん中にいる事。朝一から楽しい時間を堪能できます。
 海岸線のルートが経ヶ岬付近で道路崩壊の為通行止。伊根の舟屋は諦めて半島を山越えして天橋立を目指す事にしましたがこのルートも最高!途中牧場が現れたり山の上から眺める若狭湾の美しさ、また先週行った小豆島の棚田に負けない日本の原風景、里山の棚田が現れたりし楽しめました。何より道がクネクネ曲がっています。(今日もカメラバックはトップボックスに入れてる為出し入れが面倒で写真は写していません。)
 リフトに乗った「バイク乗り」

傘松公園へ「天橋立股覗き」に行きます。
ノッポとチビが覗いています。
 確かに「股覗き」して見ると風景が違って見えます。 そこで良ちゃん、デジカメを逆さにして写して見たり股の間から写していましたがモニターを見て「う〜んやっぱり同じか!」・・・感じたまま写るカメラが有ればおとんは絶対に欲しい!
 帰りのルートを考えてなかったので二人で相談。出来るだけ幹線ルートを避けて山の中を走って岡山宇野港まで帰ることにしました。・・・で、選んだルートが「R429」
このR429は楽しめます。
バイク乗りには最高でした。
(走るのが楽しくて写真は有りません)
 岡山県倉敷市まで帰ってくるともう夕方。「良ちゃん、俺NHKの大河ドラマ見たいんやけど?」「俺は鉄腕DASH!が好き」・・・全然硬派じゃない軟弱な二人は即予定変更。テレビが観たい為フェリーをやめて高速道でドキューンとワープします。
 早島IC手前で良ちゃんは軽四用にセットアップしたETC装置をタンクバックに装着しノンストップ通過です。
 おとんは「バイクの場合真後ろにピッタリ付けてETCゲートを2台同時通過すれば問題ないな!」・・・などとよからぬ事を考えながら料金所でストップ。ETC車載機欲しい!!
 17時40分無事帰宅。2日間で816km走行の楽しいキャンプツーリングでした。
夕食時、おかんにあれやこれやと自慢話をし「また今度連れて行ってやるから」で話を〆ました。
今日の小遣い帳
ガソリン代          4995円
フェリー代          1290円
高速代            3300円
海岸美化協力金・リフト代  1140円
食事・飲み物等       2880円
お土産代           2000円
合計             15605円

ツーリングレポートに戻る