05年お盆キャンプツーリング後半
05.8.15〜16
後半15日・16日(良ちゃん・大岡さん・おとん・息子)
05.8.14・15
 14日。四国ツーリングを早めに切り上げてお昼過ぎに一旦帰宅休養し、再度20時集合で後半ツーリングのスタートです。川之江ICから松山道で大洲IC経由で八幡浜港まで走ります。夜間高速道初走行の息子も少々ハイペースでも大丈夫でした。
 15日 0:20出港のフェリーでも乗客は結構多く乗船していました。
 3:00別府港に到着し一旦車やバイクを下船させもう一度歩いて船内に戻り5:00までエアコンの効いた船室で仮眠できます。私は寝袋を持ち込んで寝ましたが良ちゃんは寒かったみたいです。
 フェリーの中での仮眠は一度寝入った頃起こされ余り熟睡する事は出来ませんがそれでもバイク乗りには助かります。朝食は24時間営業のジョイフルで済まし九州ツーリングのスタートです。
 昨年ツーリングの時も同じでしたが、朝早いフェリーのメリットは別府から阿蘇までの快走路に四輪が少なく自分のペースで気持ち良く走れる事です。これは重要ですネ。

 道の駅「ゆふいん」にて。 
 今回4人での記念撮影はこの一枚のみ。
 毎回ながらやまなみハイウェイは気持ちの良い快走路です。朝早いおかげで快調に走れます。  
 大観峰駐車場。荷物の積み方それぞれ!!
 去年正月にガードロープの餌食になったコーナーで無謀運転の反省会??
 残念ながら草千里や阿蘇山頂は濃い霧の為断念。牛横断中に付き一時停止です。
 阿蘇を楽しんだ後は高森峠を経由し今回楽しみにしていたR265に突入。事前に阿蘇からえびの高原までのルートを検討していた時、マップ上にクネクネ曲がりくねった国道が気になり走ってみることにしました。まぁ四国の与作(R439)より数字が若いからましだと甘く見ていましたが、このルートは結構ハードでした。十分細道クネクネ道を堪能できます。
 猛暑の中いい加減クネクネ細道に飽きていたので椎葉村の鶴富屋敷の看板を発見!寄ってみることに。冷房の効いた椎葉民俗芸能博物館で神楽面などの展示物を見学。(このルートで唯一の観光施設かな?)
 こんな山道をずっと走り続けていると睡魔に襲われ意識が無くなり掛け危うくガードレールにぶつけそうになり止ると皆も眠かったのか即休憩!国道上で仮眠です。道端で寝ていても通過した車は2台のみ!!少し仮眠をとると気分も爽快になり再び走り出すがバイクや人間の燃料が切れかけてきます。でも民家が在りません。・・・・民家が無い為、山間を流れる清流はとても綺麗。四国の清流は綺麗と思っていましたが、ここはそれ以上です。生活排水が流れ込まない事は良いですネ!
 西米良村でやっと開いてるガソリンスタンドを発見。給油しながらおばちゃんに食事場所を聞くが周辺のお店は皆閉まっていて少し国道からそれた温泉のレストランで食べる事にしました。
 大岡さん・良ちゃんが食べた「冷汁定食」950円也!ご飯の上にかけて食べるそうな。美味しかったとの事。隣に座った地元のおじさんに小林市までのR265の情報を聞くと峠を二つ越え所要時間は約2時間。この先も民家は殆んど無いそうです。
 余りの暑さの為、ダム湖に架かる橋の日陰で小休止。息子もバテ気味。自販機などどこにも在りません!冷たい飲み物が欲しい!!
 小林市近くの標識です。走り応えのある国道で楽しめました。でも途中民家や街灯・自販機も無く携帯電話も圏外の道を夜間一人では決して走りたくはありませんネ。
 小林市からR268から高原町・R223霧島バードラインを走り17:00頃「えびの高原キャンプ村」に到着。
 早速各自テントを設営(写真は翌朝撮影したものです)
 今回は荷物を少なくしようと自炊をやめ外食する事にしてましたが17時を過ぎると、えびの高原周辺のレストランはみんな店じまい。しかたなくバイクで麓まで下りる事にしましたが、幸い途中の白鳥温泉上湯の食堂が開いていて食べれました。ついでに温泉も満喫出来ラッキー!!いいお湯でした。(予定では市営露天風呂に入るつもりでしたがこの時期冷泉なので諦めました)
本日走行573km(よく走ったなぁ)
05.8.16
 朝食はキャンプ場の売店で買ったカップ麺です。爽やかな朝は何を食べても美味しい・・・?
 昨晩は涼しくて良く眠れました。夜中に大雨と凄い雷が鳴り響いてましたが気にせず寝てました。出発時に濡れたテントを乾かすのに少し手間取りましたが。
 えびの高原は快晴!!韓国岳まで登るのは無理ですが賽の河原まで登り素晴らしい景観を楽しみました。この後霧島バードラインを下りえびの市からすぐに高速に乗らずR221の人吉ループ橋を走ります。ループ橋からは走りながらだと一瞬、一瞬ですが市街を見下ろす景観が・・・・途中バイクを止められ無いのが残念!
 人吉ICから高速に乗り熊本までドキューンと走ります。
 九州自動車道「宮原SA」で休憩。バイクを止めるにも少しでも日陰を選びます。
 熊本ICで降りR57でもう一度阿蘇を目指しますが四輪の渋滞の列がズラリ・・・・R57を避け北外輪山大津線(ミルクロード)に逃げます。このルートは渋滞はしてないものの四輪の後に付いての我慢の走行ですが景色が素晴らしく楽しめました。
 この後、R212から小国町経由R387で九重ICから大分自動車道で別府IC。別府港16:45発八幡浜港19:15着のフェリーで四国に帰りました。
 この便は四輪で一杯!二輪は私達の他に数台でした。二等客室は満席で「横にならないでください!」の船内放送が・・・・・
 下船時各自がバラバラに降りた為、大岡さんとはぐれてしまいましたが松山自動車道で運良く合流でき「石鎚山SA」のレストランで夕食。
 井川池田ICまで高速を使い22:30頃無事帰宅しました。

本日走行距離454km 
2日間合計1027km
 前後半共天気に恵まれ気持ちの良いツーリングを楽しめました。暑い時も有りましたが涼しい高原地帯を選んで走ったのでそれほどバテ無く助かりましたし、息子にも良いキャンプツーリング体験が出来た事でしょう。
 前半434km・後半1027km
合計走行距離1461km
後半2日間の小遣い帳(息子と二人分)
ガソリン代         10044円
高速代 8350円×2台=16700円
食事・飲み物       約10000円
フェリー代3500円×2台×往復=14000円
温泉入浴料  500円×2人=1000円
合計約            52000円

ツーリングレポートに戻る